私は初めに母親を、そしてその3年後に父親を亡くしました。家は代々土地を有していたので当然の如く、相続税が待っていました。地元の税理士さんに依頼し申告を終えましたが、その税額は莫大なものでした。


何とか税金を払わなければならず、土地を売却するという方法しか有りませんでした。 そんなとき義兄が、申告後でも相続税の更正(減額)の手続きが出来るという情報を得てくれました。

そこで知り合った方が橋本さんで、相続税の更正手続きと土地売却の手伝いをしてくれるということで、約一年に渡りお世話になりました。

対応が早く、庶民的な方で、何よりも売り側のことを一番に考えてくれました。また私は会社員ですので、打合せなどの日時は私の都合にとことん合わせてくれました。熱心さは言うまでも有りませんが、私の中でとても印象的だったのが、仏壇の前で手をあわせてくれたことです。人間的にも温かさをとても感じました。


売却予定の農地は、買い側である分譲会社が、希望している期限内に新築の認可が得られるよう、地形や区画割りの工夫、さらには役所との交渉に尽力して頂きました。

おかげさまで思った以上の金額で売ることが出来、相続税は土地評価の誤りから約1500万円も減額となり、相続税を完納することが出来ました。

もし更正の事を知らずにいたら、大変な額の無駄なお金を使うことになっていたのだなと思いましたし、更正の報酬もありましたので、もっと早い時期に出会っていたらなと思いました。

私と同じ境遇の人がいたら、是非、教えてあげたいと思います。


橋本さん、本当に一年間ご苦労様でした。そしてありがとうございました。