小生、さいたま市内に夫婦で暮らす、大正生まれ世代の者です。
拙宅とは少し離れたところに、約50年前、父母が住んでいた家と土地約120坪を相続しました。家は貸家として活用していましたが、10年程前から家も老朽化して借り手もなく空家のままになり、庭も草ぼうぼうの状態でした。小生も高齢化に伴って、何とかしたいと思いながら、月日が経ってしまいました。
ところが最近になって近隣の方から「空家のままでは物騒で気味が悪い」という懸念の声を耳にし、これを機に土地を手放す決意をしました。


しかし土地の売却など全く経験がなく、どうしたら良いのかわかりませんでしたが、まず売却を依頼できる方を探すことにしました。
こうした中で、たまたま数年前、相続による隣地の売却に際し、境界や塀などのことで来訪された橋本正一郎さんを思い出し、売却について相談することにしました。
それから約4か月の間、取引完了の日まで、終始、親身になって労を厭わずお世話下さいました。

橋本さんは、大手分譲業社、地元有力企業など約10社に対して、買取り額の査定を依頼されましたが、小生の希望を下回る状況でした。
それから約2週間、彼は粘り強く交渉を重ね、結果は、買主側も買取り額の増額に応えてくれ、当方の希望に近い額で決着しました。
その至難と思われる交渉の過程を伺った時は、頭の下がる思いでした。

その後、何度も必要に応じて面談の機会を作って下され、現地へも足を運びました。またご近隣との様々な問題も交渉していただきとても助かりました。感謝のほかありません。


また買主との取引にあたっては、売買契約時、決済時の要点をわかりやすく書面で示して下され、おかげ様で無事終了することができました。特に決済の後銀行にご同行頂き、入金確認もでき安心して帰路につけました。
このように、終始大変お世話になり、順調にことが運び安堵しています。
また坂田登記総合事務所の坂田光男さんには、測量の他、隣家との交渉にも御尽力いただきました。


今後また不動産の相談の折には、躊躇なく、経験豊富、温厚なお人柄の橋本さんにお願いしたいと思っています。これからも益々の御健勝で御活躍のほど祈念しております。ありがとうございました。